1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 学生がお金を借りるには?
  4. ≫奨学金を利用して充実した学生生活を!

奨学金を利用して充実した学生生活を!

女子大生のレンさん

大学に合格したのはいいけれど、4年間の学費が支払えない…

ラッキーくん

受験が終わり、大学生活が待っている中で、考えなくてはいけない問題が「お金」ですね。

親に出してもらえればよいですが、そうもいかない時に活用できるのが「奨学金」です。

メリットとデメリットがありますので、きちんとポイントを押さえておきましょう。

奨学金の種類

奨学金制度には、大きく分けて2種類があります。

貸与型奨学金(無利子・有利子)

貸与型奨学金は、国や民間からお金を借りることができる制度です。
一括で貸与されるものもあれば、お給料のように月額で貸与されるものもあります。

お金が貸与されるものなので、最終的には借りたお金を返さなくてはいけませんが、その際に、利子を付けて返していく「有利子」と、利子を付けずに借りたお金だけを返していくものが「無利子」の二種類があります。

「無利子」のほうが条件が良い分、申込み基準が学力基準・家計基準ともに比較的厳しく、よく利用されている「日本学生支援機構(JASSO)」の場合、

  • 学力基準:高校の成績が評定平均3.5以上
  • 家計基準:給与所得の上限が776万円(国公立、4人家族の場合)

となっています。

 給付型奨学金

給付型奨学金は、学業成績優秀者を支援するためのもので、お金が支給され、返す必要が無い奨学金のことです。

日本学生支援機構、各種大学、民間団体が提供しており、支給を受けるための成績基準が貸与型(無利子)よりもさらに高くなっています。

所得制限がある場合とない場合があります。

 <奨学金の種類と採用基準>

奨学金表

奨学金のメリットとは?

それでは、大学生が国や民間から奨学金を受けるメリットはどういったものがあるのでしょうか?

1.収入が少ない家庭でも利用することができる

一般の借入れにおいては、審査の際、返済能力があるかどうか重要視されますが、奨学金の場合は「大学に通いたい学生をお金の面からサポートする」ことが目的なので、学生の家庭の収入が少ない場合でも利用することができます。

むしろ、貸与型奨学金は、家計基準が設けられており、所得の上限を超えると利用できません。

2.大学生でいる間は返済をする必要が無い

一般的なローンを使ってお金を借りる場合、借りた月からお金の返済が始まっていきますが、奨学金は貸与を受けた後、すぐに返済を始める必要はありません。

大学を卒業して、仕事を始めた時からお金の返済が始まるというケースがほとんどです。

3.利子の支払い負担が軽い

一般の借り入れに比べて金利が低く、「日本学生支援機構(JASSO)」の金利は上限が3%で、平成24年度以降の実績を見ると1.5%以下になっています。

消費者金融のキャッシングの金利の18%と比較すると、いかに奨学金の金利が低く設定されているかということが、おわかりいただけるかと思います。

また、一般の借入れではすぐに利息が発生しますが、奨学金の場合、在学中は利息が発生しません。

奨学金のデメリットとは?

どんなものでもそうであるように、奨学金にも、メリットもあればデメリットもあります。
良いところだけではなく、リスクとなるところもチェックしておきましょう。

1.大学卒業してすぐに多額の借金を抱えることになる

大学在学中は特に意識をしなくてもいいのですが、大学を卒業して社会人になった途端に、あなたは多額の借金を抱えることになります。

たとえば、毎月8万円を借りていた場合、以下のような計算式になりますよね。

毎月8万円×48ヶ月(4年間) = 384万円

さらに、日本学生支援機構のホームページの返済シミュレーションを使って、2018年からの4年間、金利1.0%で借りる場合を見てみると、

  • 毎月の返済金額:17,737円(最終月のみ17,974円)
  • 返済期間:20年
  • 返済総額:4,257,117 円

利息分約42万円が加わった総額約426万円を20年間かけて払っていくことになるのです。

2.必ずしも奨学金を利用できるわけではない

奨学金は、給付型であれ貸与型であれ、無条件で利用できるわけではありません。
審査項目として重視されるのが「学生自身」です。

学力や健康状態、家庭がどんな人たちで構成されているのかなど、さまざまな観点で審査が行われます。

上述したように、貸与型奨学金(無利子)を利用するためには、申込みが高校在学中であれば評定平均3.5以上、また、大学に入ってからであれば、上位1/3 以内であることが求められます。

奨学金を受けることができなかった場合には、ほかの方法でお金を準備する必要が出てきます。

3.留年・休学すると在学中に奨学金が終了してしまう

奨学金の貸与期間は在学予定期間で終了するため、留年や休学をすると在学中に貸与が終了してしまいます。

なお、災害などで卒業予定期を超えて在学する場合は、何らかの措置がとられる可能性があるので、奨学金窓口に相談してください。

教育ローンと奨学金の違いは?

大学にかかるお金を調達する方法として、奨学金のほかに「教育ローン」という方法があります。
教育ローンは奨学金とどのようなことが違うのでしょうか?

奨学金と大きく異なるものが、お金を借りる人です。
奨学金では「学生」がお金を借りて、自分自身で返済していく制度です。
一方、教育ローンは「親」が借りて親が返済することになります。

支払いを滞納するとどうなるの?

大学を卒業して社会人になり、借りていた奨学金を返していくことになりますが、返済をしている中でお金が足りなくなり、支払いを滞納してしまうとどうなるのでしょうか?

支払いを滞納すると、延滞金がかかります。
決められた利率に5%(日本学生支援機構の場合)が乗せられた利息を支払わなくてはいけません。

また、支払い督促の連絡が、文書や電話で連絡が来ることになります。
連帯保証人や保証人にも請求書が送付されます。

親が連帯保証人になる場合が多いですが、その場合、滞納していることが親に知られてしまうということです。

さらに延滞が3か月以上になると、信用情報に事故情報として登録されます。
奨学金だから大目に見てくれるかもというのは間違いで、一般の借入れと同様の扱いです。

そうなると、5~7年間、カードローンやキャッシング、クレジットカードを作ることも不可能になります。

繰上げ返済はできるの?

奨学金の返済期間を短くするために、繰上げ返済をすることができます。
所定の申請が必要とはなりますが、手数料は無料となっています。

繰上げ返済をすれば、借金生活が終わり、精神的にもかなり楽になります。
また、返済を早く終わらせれば、その分かかるはずだった利息を支払わなくて済み、最終的な支払い金額を抑えることができます。

一方、社会人になって、身だしなみも整える必要もありますし、仕事に必要な投資もあるでしょうから、何が何でも早く借金をなくそう!というのも無理があります。
バランスを見て、可能なら、早めに完済できるといいですね。

編集部まとめ

奨学金は、返す必要のない「給付型」と、返す必要のある「貸与型」があり、貸与型の中に更に、利子のつく「有利子」と利子のつかない「無利子」があることを説明しました。

給付型が利用できれば一番ですが、貸与型でも、学生の間は返す必要がないので助かりますね。

社会人になって間もなく返済が始まるのが辛いところですが、上手に活用して充実した学生生活を送りましょう!