1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 女性がお金を借りるには?
  4. ≫専業主婦も借りれるの?

専業主婦も借りれるの?

家計のやりくりを任されている専業主婦だからこそ、「今すぐお金を借りたい!」と思う場面もあるでしょう。

そんな時便利なのが、無担保・保証人不要で少額から借りられるカードローンやキャッシングですね。

でも、仕事を持っていない専業主婦が借りられるのでしょうか?

ラッキーくん

ここでは、専業主婦の方のために、カードローンやキャッシングを利用する方法について解説します。

同じような悩みをもつ「専業主夫」の方も読んでみてくださいね。

専業主婦がお金を借りるには

パートをしている主婦の方でも、お金を借りれるのか心配されている方が少なくないようですが、お金を借りられるかどうかは、「主婦かどうか」ではなく、「働いているかどうか」で判断されます。

なぜなら、消費者金融や銀行の融資条件として、安定した収入があることが第一に要求されるからです。

安定した収入というのは、必ずしも正社員やフルタイムで働いて得られる収入というわけではありません。
パートやアルバイトでも、毎月継続的な収入があれば、安定した収入とみなされます。

なので、仕事を持っている主婦は消費者金融や銀行からお金を借りることができます。
一方、家で家事や育児をしていて他に仕事を持っていない「専業主婦」は、仕事を持っている主婦と同じようには借りることができません。

それでは、専業主婦が急ぎでお金を工面したい時はどうしたらいいのでしょうか?

専業主婦がお金を借りる方法としては、次の2つがあります。

  1. 消費者金融の配偶者貸付を利用する
  2. 銀行カードローンを利用する

一つずつ説明しましょう。

1.消費者金融の配偶者貸付を利用する

個人が消費者金融からお金を借りる場合には、貸金業法の総量規制により、年収の3分の1までしか借入ができないという制限があります。

ですから、収入がない人は、原則、消費者金融からお金を借りることができません。

しかし、貸金業法では、総量規制の例外として「配偶者貸付」という制度を設けています。
配偶者貸付とは、夫婦の借入金額の合計が、夫婦合算した年収の3分の1までであればOKというものです。

つまり、配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも夫の借入と合わせて夫の年収の3分の1まで借入ができるということです。

配偶者貸付

▶配偶者貸付の必要書類

貸金業法の配偶者貸付を利用してお金を借りたいときには、貸金業法施行規則により、次のような書類を提出する必要があります。

  1. 配偶者の同意書
  2. 住民票または戸籍抄本
  3. 配偶者の収入証明書(借入額が一定金額以上の場合のみ)

消費者金融では、上記1~3の書類の提出を受け、審査を行ったうえで、融資の可否を決定します。

配偶者貸付では、通常の融資に比べて審査に時間がかかってしまうため、スピード融資は受けられないことになります。

▶実際には配偶者貸付で借りられる業者は少ない

配偶者貸付は審査や手続きに時間や手間がかかるため、現在扱っている消費者金融は、

  • セディナ
  • ベルーナノーティス
  • エレガンス

などごく一部の消費者金融のみになります。

大手消費者金融では配偶者貸付には対応しておらず、専業主婦は大手消費者金融からは借りられない状況になっています。

2.銀行カードローンを利用する

銀行カードローンの中には、配偶者に安定した収入があることを条件に、専業主婦でも申し込みできるものがあります。

銀行はそもそも貸金業法の適用を受けないため、総量規制は関係ありません
銀行が収入のない専業主婦にお金を貸しても、法律上特に問題はないのです。

▶銀行カードローンなら簡単・便利!

銀行の専業主婦に対する貸付は、貸金業法の配偶者貸付ではありませんので、面倒な手続も必要ありません。

そのため、銀行では消費者金融と違って、専業主婦に対して積極的に貸付を行っています。

全ての銀行カードローンというわけではありませんが、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJのバンクイックといった大手都市銀行のカードローンや楽天銀行などが専業主婦への貸付に対応しています。

また、手続きが簡単で、スピード審査も可能です。
最短の場合、即日融資も受けられますから、利便性の面でも消費者金融を上回っています。

▶銀行カードローンなら配偶者の同意も不要

消費者金融で配偶者貸付を利用してお金を借りる場合には、貸金業法施行規則により、配偶者の同意書等の書類の提出が義務付けられていますが、銀行カードローンの場合は不要です。

つまり、銀行カードローンなら、専業主婦も配偶者の同意なしで借りられるということです。

また、専業主婦は利用限度額の上限が低めに設定されますから、配偶者の収入証明書を提出する必要もありません。

ほとんどの場合、本人確認書類だけで借りられます。

▶専業主婦の場合には限度額の上限が決まっている

ただ、利用限度額については、専業主婦の場合、あらかじめ限度額の上限が定められており、一般的には30万円程度になっています。

レディースローンは主婦の味方?

消費者金融というのは、サラ金(サラリーマン金融)と呼ばれることもありますから、男性の利用者が多いイメージがあります。

消費者金融の中には、女性にも積極的に利用してほしいということで、「レディースローン」と呼ばれるサービスを行っているところがあります。

レディースローンとは、女性向けのカードローンサービスのことです。「レディースキャッシング」と呼ばれることもあります。

レディースローンの特色

レディースローンのサービスを行っている会社では、女性だけに貸付を行っているわけではなく、通常のブランドとは別に女性向けのブランドを用意して集客を行っています。

レディースローンでは、女性が申し込みしやすいように、通常のホームページとは別に女性向けのホームページを作ったり、電話についても女性専用ダイヤルを設け、女性オペレーターが対応したりしています。

レディースローンだから女性が特別扱いというわけではない

レディースローンは女性向けのサービスなので、「女性審査に通りやすいのでは?」と思うかもしれませんが、実際には、レディースローンでも、女性にだけ特別に審査が甘くなるということはありません。

レディースローンは、女性スタッフが対応してくれるという接客面が強みとなっており、それ以外の点では通常のローンと変わらないものです。

レディースローンだからと言って専業主婦も優遇してくれるということも基本的にはなく、他のローンと同様、専業主婦は簡単にはお金を借りられません。

なお、レディースローンサービスを行っている業者の中には、ベルーナノーティスやエレガンスのように、配偶者貸付を採用している業者もありますので、こうした業者を利用すれば、専業主婦でもお金を借りられるチャンスはあります。

編集部まとめ

今回見てきたように、専業主婦がお金を借りる方法には、
・消費者金融の配偶者貸付を利用する
・銀行カードローンを利用する
の2つがあります。

上手に利用して、ゆとりのある生活が送れるといいですね!