1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 私はお金を借りれるの?
  4. ≫フリーター・アルバイト・パートでも借りれるの?

フリーター・アルバイト・パートでも借りれるの?

金欠のタムラくん

カードローンの審査って厳しそうだなあ。
アルバイトでも通るかどうか心配だなあ…

ラッキーくん

フリーター・アルバイト・パートの方は、ニートや無職とは違い、きちんと仕事しているのですが、金融系の審査では不利なことが多いですよね。

それでは、カードローンの審査ではどうなのでしょうか?

安定した収入が一番重要

カードローンやキャッシングでお金を借りようとするとき、銀行カードローンでも、消費者金融系(プロミスやアコムなど)でも、審査でもっとも重要視されるのは、以下の2点です。

  • 毎月、安定的な収入があるか
  • 1~2年以上継続して収入を得ているか

逆に言えば、上の2点をクリアすれば、正規雇用であろうと、非正規雇用(アルバイトやフリーター)であろうと、雇用形態そのものが審査に影響することはありません。

むしろ、それを気にしすぎて嘘を書いてしまうほうが問題です。

借入限度額は収入に見合った金額を

ただし、審査に通ったとしても、借入限度額については気をつけなければなりません。

なぜなら、借入限度額は返済可能な金額が設定されるため、年収が大きく影響するからです。

アルバイトやフリーターなどの非正規雇用の場合、どうしても年収が低くなってしまいますので、希望限度額をあまり高額に設定すると、計画性の無さを疑われ、審査に影響が出てしまいます。

また、仮に高額な限度額を書いて審査に通ったとしても、実際に設定される借入限度額は比較的低い金額になってしまうことになります。

そもそも、返せる金額に設定しないと自分で自分の首を絞めてしまいますので、まずは5万円や10万円といった少額の設定を行って審査に通ることに徹した方が無難です。
利用限度額については、収入が増えさえすれば、あとからの増枠は可能です。

短期バイト、単発バイトなどは?

アルバイトの中には、1週間だけ、とか単発で1日だけの仕事もあると思います。
そのようなアルバイトの場合は、残念ながら審査に通らない可能性が高いです。

長い間継続している場合でも、それが短期間のアルバイトを何度も再契約している場合は、「安定的な収入」と認められにくい傾向があります。

やはり、収入が低くても、長期契約して続けられる仕事に就くことが重要です。

年収の壁を気にしながらパートをしている主婦の場合は?

パートをされている主婦の方はよくご存じのことと思いますが、年収が103万円を超えると、配偶者控除が適用されなくなって所得税を納める必要が出てきます。

そのため、敢えて年収を抑えるような働き方を選択されている方もいると思います。
控除額の103万円ではなく、扶養家族に入ったままにできる130万円に抑えている方もいるでしょう。

そんな働き方のままでは、カードローンやキャッシングの審査に通りにくいのでしょうか?

ご安心ください。
収入は多くなくても、そのパートを長期間(1年以上)継続しており、安定的に毎月収入を得ていれば、審査に不利になることは、ほぼありません。

とはいえ、年収から借入限度額が決まることが多いので、希望限度額については収入に見合った額にするようにしましょう。

安定した収入

学生の場合は?

満20歳以上であれば、学生であってもカードローンやキャッシング、学生ローンなどの契約をすることは可能です。

もちろん、「安定的な収入」が審査のポイントですので、アルバイトをして(最低でも半年以上は継続して)いなければ、お金を借りることはできません。

結局のところ、学生かどうかはあまり関係なく、アルバイトなどで「安定的な収入がある」ということが重要なのです。

よくある疑問・質問

勤務先はどこを記入するべき?

チェーン店でアルバイトやパートをしている場合、勤務先の住所・電話番号などの情報をどう書いたらいいのか悩んでしまうことがあるかも知れません。

そんな時は、本社や管轄の支店の情報ではなく、実際に仕事をしているお店の住所・電話番号を記載しましょう。

また、複数掛け持ちしている場合は、勤務時間の長い場所を記載しましょう。

基本的には「在籍確認」で問題のない場所の情報を記載するのがポイントです。
本社などでは末端のアルバイトの氏名まで把握できていないことが多いです。

因みに、派遣社員として働いている場合は、派遣元の連絡先を書きます。
というのは、派遣先は派遣されてきている社員の管理をしてはいないからです。

勤務して1年未満で年収がわからない場合は、いくらを記入すべき?

勤務し始めて1年経っていない場合、確かに正確な年収は分かりません。

年収は手取金額ではなく税金や手当などをすべて含めた額面金額を記載する必要があるため、1月から12月までの丸一年勤務しなければ、正確な年収を知ることはできません。

だからといって、適当な金額をかけば審査に影響しますので、悩みどころですが、実際にはそれほど難しくありません。

今までもらった金額をこの先ももらえると仮定して計算すればいいだけです。

今までにもらった給料の合計を勤務した月の数で割って月平均を出し、これに12(ヵ月)をかけて一年分を算出すればよいので、式としては以下のようになります。

今までにもらった給料の合計÷勤務月数×12(ヵ月)


例えば、8ヵ月勤めた時点で申し込む場合は、

  • 8ヵ月分の給料÷8(ヵ月)×12(ヵ月)

となります。

年収の欄については、1円や10円単位までは考慮されません。
10万円単位くらいでのズレがなければ概ね問題ないようですので、それほどナイーブにならなくても大丈夫です。

編集部まとめ

フリーター、アルバイト、パート、主婦、学生…なんであれ、重要なのは「安定した収入」があることですね!

審査を通過するためにも、また、あとで「返せない!」なんてことにならないためにも、安定した収入を確保し、収入に見合った額を借り入れましょう。