1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 私はお金を借りれるの?
  4. ≫無職や失業中、休職中でも借りれるの?

無職や失業中、休職中でも借りれるの?

金欠のタムラくん

前の仕事をやめた後、なかなか次の仕事が見つからない。
こんな時に限って友だちの結婚式とかでお金が必要になるし。

こんな時、キャッシングやカードローンを利用することはできるのかな。

ラッキーくん

働いていない時ほどお金に困るので、カードローンやキャッシングでお金を借りたいところですよね。

実際のところ、無職、あるいは休職中、お金を借りることはできるのでしょうか?

色々なケースを想定して解説していきます!

無職の場合

無職で収入が全くない場合は、基本的に借入をすることはできません。

まず、消費者金融のキャッシングですが、原則不可です。
貸金業法の総量規制のため、個人の借入可能額が年収の3分の1までに制限されているためです。

主婦(主夫)の場合は後で触れる「配偶者貸付」という例外がありますが、もしも、それに該当しないのに貸せるという消費者金融があれば、ほぼ間違いなく悪徳業者ですので、絶対に借りることのないようにしましょう!

一方、銀行カードローンは総量規制はありませんが、やはり、金融機関ですので、何らかの安定した収入は不可欠です。

失業保険をもらっている場合

仕事を失った後、ハローワークに申請すれば、一定期間失業保険がもらえます。
この失業保険を「安定した収入」として借入れをすることはできるでしょうか?

答えはNoです。

失業保険は、基本的に「生活するために必要最低限の収入」と判断されます。
そのため、収入が失業保険だけだった場合はどんな金融機関でもお金を貸してくれません。

もし貸してくれるというところがあれば確実に悪徳業者ですので、絶対借りないで下さい。

ただし、アルバイトやパートをして他に安定した収入がある場合は、その限りではありません。
審査は通常よりも厳しいですが、借り入れできる可能性があります。

休職中の場合

病気や怪我、うつ病などの精神疾患、妊娠・出産・育児などで休職している場合は、会社に属している状態ではあるものの、借り入れすることが難しい場合が多いです。

給与形態によって厳しさのレベルは異なります。

全額支給

給与全額が支払われている場合は、安定的に必要十分な収入があることになりますので、おおむね問題なく借り入れできます。

ただし、休職したまま退職というケースもあり得ると考えられ、普通に働いている場合よりは審査が厳しいでしょう。

減額支給

どれくらい減額されているかによりますし、実支給額によっても違ってきます。
各金融機関の判断によっては借り入れ可能です。

支給なし

無職ではありませんが、この場合は収入がゼロなので、無職の場合とほぼ同等の扱いとなります。

上記のように、休職中は審査が厳しいものになるでしょう。
しかし、だからといって休職中であることを黙って申し込むと「在籍確認」で判明し、かえって審査に落ちることになりますので、決して嘘をつかないようにしましょう。収入がないと借りられない

借りるためには安定収入を得ること!

上記のように無職や休職中に借入をすることは難しいです。
では、そんな状況でお金を借りるために、何をすればいいのでしょうか。

それは、とにかく「安定した収入を得る」ことです。
やり方としては2つあります。

アルバイトやパートなどで働く

ほとんどの消費者金融では、アルバイトやパートであっても、働いていれば、「安定的な収入がある」と認めてくれますので、働いて毎月安定した収入を得られるようにすることが第一です。

もちろん、「安定的な収入」である必要がありますので、短期バイトや日雇いなどは認められませんので、ご注意下さい。

個人事業主や自営業者になる

時間的な制約などで仕事がなかなか見つからない場合、思い切って起業するという道もあります。

安定した収入を得るまでには少し時間がかかるかも知れませんが、何かスキルがある、あるいは何かやりたいことがあれば、考えてみる価値ありです。

ただし、アルバイトやパートなどで借入金額が少なければ求められない「収入証明書」の提出が必要になることが多く、その場合、自分で確定申告書や青色申告決算書などを準備しなければなりません。

働けない場合は公的機関に相談を!

上記のとおり、借入をするためにも、その後返済するためにも、とにかく安定した収入を得ることが大切なのですが、働きたくても働けないケースもあります。

例えば病気で休職している場合、パートやアルバイトで収入を得るのはほぼ無理な話ですよね。

たとえ、わずかに支給されている給料で借入をすることができたとしても、治療費もかかるし、返済が厳しくなることは目に見えています。

そのような場合は、無理に借入をする前に、家族や周囲の人、あるいは公的機関に相談しましょう。
生活保護や障害年金を受けられる可能性もあります。

専業主婦(主夫)、年金生活者、学生の場合

専業主婦(主夫)、年金生活者、学生の場合、自分で働いて収入を得ている訳ではないという意味で「無職」ではありますが、例外的に借入を行うことができます。

専業主婦(主夫)

専業主婦(主夫)の場合、お金を借りる方法は2つあります。

▶配偶者貸付

まず一つめは、幾つかの消費者金融で対応している「配偶者貸付」です。
「配偶者貸付」は、総量規制の年収を「夫婦の年収の合算」で計算することができるという例外規定です。

そのため、夫婦であることを証明できれば、借り入れることができます。
もちろん、夫に安定した収入がなければいけません。

▶銀行系カードローン

2つめの方法は、銀行系カードローンでの借入です。
銀行は貸金業法ではなく銀行法が適用され、総量規制の対象外なので、銀行系のカードローンであれば、借り入れることが可能です。

ただし、多くの銀行系カードローンでは本人に安定的な収入(パートやアルバイトでも可能)が必要ですし、そうでない場合でも夫に安定した収入があることを条件としています。

専業主婦(主夫)については以下のページで詳しく説明していますので、ご覧下さい。
専業主婦も借りれるの?

年金生活者

年金収入を得ている年金生活者については、お金を借りる方法として以下の2つがあります。

▶年金担保融資制度

1つめは独立行政法人「福祉医療機構」の「年金担保融資制度」です。

「年金担保融資制度」は、年金を担保として、受給している年金の年額の0.8倍を上限(200万円まで)としたお金を借りることができる制度で、返済は偶数月の支給年金から指定した金額が自動天引きされます。

利率は非常に低く設定されていますが、連帯保証人を必要としています。

▶銀行系カードローン

2つめは、銀行系カードローンです。
少数ですが、年金を収入と認めてくれる会社もあり、そちらで借り入れることができます。

しかし、申込時の年齢制限がありますので、注意が必要です。

学生

残念ながら、仕事を全くしていない学生の場合はお金を借りることはできません。

ただし、アルバイトをして安定的な収入がある場合はその限りではなく、20歳以上であれば銀行系カードローンの利用もできますし、借入可能な大手消費者金融もあります。

以下のページでもう少し詳しく説明しています。
フリーター・アルバイト・パートでも借りれるの?

編集部まとめ

無職や休職中の場合は、「安定的な収入がない」という部分がネックになって借り入れできないことが多いです。

少しでもいいので安定した収入を得ることが、お金を借りるための確実な手段です。

ただ、病気などで働けない場合は、無理せず周りの人や公的機関に相談しましょう。