1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 女性がお金を借りるには?
  4. ≫レディースローンは女性の強い味方です!

レディースローンは女性の強い味方です!

キャッシングやカードローンを利用する多くは男性ですが、最近では世帯収入の減少から家計管理を任されている主婦の方が借入を考えるケースが増えています。

また、女性の貧困も問題になっており、生活を少しでも改善するための借入の需要も高まっています。

しかし、キャッシングを利用するのに不安を感じる女性も多くいます。

ラッキーくん

そんな女性の不安を和らげるために生まれたサービスが「レディースローン」です。

レディースローンとは何か、また多くの主婦が悩む「夫に内緒で借入出来る?」などの疑問に答えます。

レディースローンは女性専用窓口

レディースローンとはレディースキャッシングとも呼ばれていて、女性の利用者専用の窓口のことです。

カードローンやキャッシングを利用するのは男性が多いですが、最近では女性の貧困問題など女性がお金に困ることも多くなっています。

また、世帯収入の減少から家計管理を任されている主婦の方の需要も高まっています。

しかし、女性が初めてキャッシングを利用するのは抵抗や不安があるものです。

その不安な気持ちを少しでも和らげようと始まったのがレディースローンです。

レディースローンの特徴は?

名前から女性に有利なローンだと勘違いされる方もいるのですが、審査は普通のカードローンと変わりません。

また、申込条件、金利、限度額など適用される条件もすべて普通のカードローンと同じになります。

では、他のカードローンやキャッシングと何が違うのでしょうか?

女性スタッフが対応してくれる

レディースローンの特徴は、対応してくれる人が全員女性スタッフという点です。

初めてのキャッシングでただでさえ不安な気持ちを抱えているのに、窓口対応が男性だった場合、萎縮してしまう方もいるでしょう。

同性であれば話しやすく、不安な気持ちもくみ取ってくれ、安心して利用することができますよね。女性スタッフが対応

電話やインターネットで申込み完了

レディースローンだけの特徴というわけではありませんが、店舗や無人契約機に出向くことなく、電話やインターネットで申込みが完了するのも嬉しい点です。

家族に心配をかけたくないから誰にも言わずに借入を行いたい、キャッシングの際に人に会いたくない、という方にはオススメです。

電話連絡も女性スタッフから

在籍確認や本人への確認事項で会社や携帯に電話がくる場合がありますが、その電話も女性スタッフからかかってきます。

男性から連絡が来ると変に勘繰られてしまう可能性がありますが、女性からの電話であれば知り合いかな?程度にしか思われないでしょう。

その点では、男性からの連絡がくる可能性がある普通のローンより、レディースローンの方がスムーズに手続きが進められます。

自分に収入があれば夫に内緒で利用できる

既婚女性が最も気になるのは、ご主人に内緒の場合、知られることなくキャッシングが出来るかどうかではないでしょうか。

家計を預かる身として、生活費が足りないとは言い出しにくいけど、すぐに現金が必要なこともあるでしょう。

結論から言うと、ご主人に内緒で借入をすることは可能です。
しかし、それには条件が必要です。それは、本人(妻)に収入があることです。

レディースローンの条件は通常のカードローンと同じ

先ほども言ったように、レディースローンの申込条件などは通常のカードローンと同じです。

例えば、三井住友銀行グループの消費者金融プロミスの申込条件は「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」です。

この条件に当てはまっていれば、通常のカードローンやキャッシングと同様、第三者にはバレないように審査が行われます。
もちろんご主人や同居の家族にもバレる心配はないので安心して申し込みをして下さい。

金融機関や申し込んだサービスによっては自宅に郵送物が届くことがありますが、銀行系カードローンの場合は差出人名が銀行になるので怪しまれることはありません。

また、消費者金融も個人の事情に配慮して、消費者金融とは思われないような差出人名を使います。
例えば、プロミスは事務センター、モビットはMCセンターという名前で届きます。

それでも心配な方は、金融機関によってサービスは異なりますが、郵便局留めを利用して郵便局に取りに行ったり、郵送不要サービスを利用して郵送物が自宅に届かないようにしたりすることも可能ですので、レディースローン窓口で相談してみると良いでしょう。

▶パートやアルバイトでもOK

安定した定期収入があれば、パートでもアルバイトでも、勤務形態は関係ありません。
借入のポイントになるのは、年齢、年収、他社での借入金額です。

どの金融機関でも、借入には年齢制限を設けています。
支払い能力に欠ける未成年や長期の就労が難しい高齢者は借入が出来ないところがほとんどです。

また、消費者金融の場合、貸金業法という法律により、この法律の対象となる機関は年収の3分の1までしか借入れが出来ません。
そのため、年収と他社での借入総額が審査の重要なポイントとなるのです。

しかし、他社での借入がなく、金額も少額なのであればさほど心配することもありません。

例えば、プロミスのHPにあるお借入診断で、年齢を申込みの範囲内にして、年収50万円、他社での借入0円と入力すると、ご融資可能と診断されます。

たとえ年収が低くても、他社での借入が低ければ借入は可能になります。
ただし、借りられる限度額はその分低くなるのでその点だけご注意下さい。

もし、ご自身が条件に当てはまっているのか分からない場合は一度金融機関HPの借入診断レディースローン専用の相談窓口に確認してみましょう。

▶会社にもバレません

ご主人や家族にバレる心配はなくなったけど、会社はどうでしょう。

お勤めをされている方が借入の申込みをすると在籍確認というものがされます。
これは、申込者が本当にその会社に勤めているのか電話で確認するものです。

会社に「〇〇消費者金融ですが、××さんはご在籍ですか?」なんていう電話がかかってきたらすぐに会社にバレてしまいますよね。

でも安心してください。銀行系カードローンの場合は銀行名で電話をかけることもありますが、多くの場合、担当者の個人名で電話をかけます。

レディースローンの場合、この在籍確認も女性が担当してくれる場合がほとんどです。

たとえ誰からの電話か尋ねられても、子供の学校の関係の人で…などとごまかせます。
金融機関は家族にも会社にもバレないように最大限の配慮をしてくれますので、安心して申し込みをして下さい。

専業主婦の方は注意!

では、仕事を持っていない専業主婦の場合、借入は不可能なのでしょうか。

専業主婦の方は収入がないので、他のカードローンやキャッシングと同じで、審査に通ることはありません。
レディースローンが女性専用だからといって、審査が甘くなることもありません。

ただ、「配偶者貸付」という方法を利用すれば、旦那さんの収入で審査することになるので、お金を借りることも可能です。

ただし、配偶者貸付となると配偶者の同意が必要になるので、「夫に内緒で」とはいかなくなります。

また、三菱東京UFJ銀行のバンクイック、みずほ銀行カードローン、楽天銀行など、収入のない専業主婦でも借入れが出来る銀行系カードローンもあります。

ただし、こちらはレディースローンではありませんので、担当窓口の方が男性という場合もあります。
必ず女性が対応してくれるというレディースローンの利点はないので注意が必要です。

専業主婦の方はぜひ次のページをご覧ください。
専業主婦も借りれるの?

編集部まとめ

レディースローンは、審査も借入条件も普通のカードローンに比べて有利なわけではありません。

ですが、女性の不安などを和らげてくれるサービスとして、女性にはメリットはあってもデメリットはないものです。

もし、初めての借入で不安を感じるのであれば、レディースローンを活用してみて下さい。