1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 基礎知識
  4. ≫お金を借りたことは家族にバレる?ばれない?

お金を借りたことは家族にバレる?ばれない?

カードローンやキャッシングのイメージは以前よりずっと身近になっていますが、それでも自分が利用したことが家族にバレてしまわないか心配する方は多いです。

悪いことをしているわけではないのですから、身近な人にはきちんと話したほうが良いとは思うのですが、時には家族に知られずにお金を借りたいということもありますよね。

家族にバレる?

果たしてそれは可能なのでしょうか?

バレない為にはインターネットからの申込が基本

家族に知られないようにカードローンやキャッシングを申し込みたい場合は、インターネットを利用するのが最適です。

今では、パソコンだけではなくスマートフォンや携帯電話でも簡単に申し込みができますので、それらを利用すれば人に知られることはまずありません!

各社も「家族にばれない」工夫をしてくれている

カードローンやキャッシング会社各社も、顧客の「家族に知られたくない」という心理は理解しており、いろいろな工夫をしてくれています。

例えば、申込書や明細などを郵送してくる場合、あからさまに消費者金融やカードローン会社だと分かる差出人名や封筒は使っていません

具体的には、以下のような差出人名で、あまり目立たない封筒に「親展」を付けて郵送してくれます。

  • 銀行系カードローン:銀行名のみ
  • アコム:ACサービスセンター
  • プロミス:事務センター
  • モビット:MCセンター
  • アイフル:個人名

このように、カードや利用明細などが郵送で送られてきたとしても、知らない人にはそれとは分からないようになっています。

申し込み後の確認電話はスマホ・携帯にかかってきます!

カードローンやキャッシングなどで申し込んだ場合、「申し込みの確認」や「審査通過の連絡」などで電話がかかってきます。

これらの電話が自宅の固定電話にかかってきてしまっては、すぐにバレてしまいます。

しかし、こちらも各社は配慮してくれており、特別な理由がない限りは、申込者のスマートフォンや携帯電話へかけてきてくれるようになっています。

ただし、携帯電話やスマートフォンにつながらない場合は、固定電話にかかってくる場合があります。

職場への在籍確認もあるの?

家族だけではなく勤務先にカードローンやキャッシングの利用がバレるのも気になる点ですよね。

勤務先への在籍確認は審査で必要になっていますので、ほぼ確実に職場へ電話がかかってきます。
しかし、この点についても各社きちんと配慮してくれていますので、ご安心ください。

具体的には、在籍確認の電話では必ず個人名を名乗り、用件などを伝えることは一切なく、お金の借り入れであることが分からないようにしてくれます。

また、会社によっては在籍確認の電話自体を必要としない申し込み方法を提供しているところもあります。

「在籍確認なし」についてはこちらのページでまとめてます!

契約手続きとカード受け取りは自動契約機で!

カードローンやキャッシング各社が配慮してくれているとはいえ、知らないところから家に突然封書が届いたりすると、家族に不要な疑念を抱かせてしまう可能性があります。

そのため、できれば郵送でのやりとりはなるべくなくすようにするに越したことはありません。

それならば、契約手続きやカード受け取りは自動契約機(または店舗)を利用するべきでしょう。

自動契約機には、以下のようなものがあります。

  • 三菱東京UFJ銀行:テレビ窓口
  • 三井住友銀行:ローン契約機
  • アコム:むじんくん
  • プロミス、モビットなど:自動契約機

まずはインターネットで申し込み手続を行い、審査に通過した後に上記の無人契約機へ出向きましょう。

そこで最終的な契約手続きとカードの受け取りを行えば、申し込み時の郵送のやりとりをなくすことが可能です。

最近はカードレスも増えてきました

最近はカード発行をしないカードレスタイプに対応している会社も増えてきました!

  • モビット
  • プロミス
  • 三井住友カード「ゴールドローンカードレス」
  • オリックス・クレジット「カードレスVIP」

この方法なら、カードを郵送されてバレるリスクがありません。

ただ、返済がATMでなく口座振替になるので、次のようなデメリットがあります。

  • 借入の履歴が通帳に残る
  • 指定した口座に早く入金(返済)しても、決まった日に決まった金額が引き落とされる
  • 入金の確認に3日程度(取り扱い銀行にもよりますが)かかるため、それまで追加融資が受けられない

利用明細書はネットで確認すれば安心!

無事にすべての手続が完了してお金を借りることができたとしても、そのままでは毎月の利用明細書が自宅に届いてしまいます。

もちろん、封筒や差出人名は一見してもどこからきたのか分からないように工夫されていますが、開封されてしまえばどうしようもありません。

そんなリスクをなくすためにも、利用明細書の郵送は停止し、ネットで確認するWeb明細に変更しておいた方がいいでしょう。

現在、すべての会社で利用明細書の郵送有無を選択できるようになっており、むしろWeb明細が推奨されています。

※以前は銀行振込(口座振替)で返済した場合は、必ず利用明細書が郵送されるという仕組みになっていましたが、今は銀行振込でも利用明細書の郵送有無を選択できるようになっています。

返済遅延の場合は、最終的に督促状が郵送されます

以上で、基本的にはすべての郵送物をなくすことができますが、それはあくまでも毎月きちんと返済をしている場合です。

もし、連絡もなく返済が遅延した場合は、必ず金融会社から連絡がきます
もちろん、各社とも顧客の「知られたくない」気持ちに配慮して対応してくれます。

貸金業法でも、第三者(債務者の家族であっても)に借金について伝えることは禁止されています。

なので、まずは携帯電話やスマートフォンなどに連絡がありますが、つながらなければ自宅の固定電話、それでもつながらなければ督促の郵送物が届きます。

家族に知られることを気にしているならば、返済遅延は決して起こさないようにしなければいけません。

そもそも、家族に黙ってお金を借りなければいけないという状況を自覚し、きちんと返済できる金額だけ借りて、きっちり返しましょう!

専業主婦(主夫)の場合は、確実に配偶者に知られます

収入がない専業主婦(主夫)がお金を借りようとする場合、多くの場合は配偶者の同意書や収入証明が必要になります。

そのため、専業主婦(主夫)が配偶者に知られないようにお金を借りることは事実上不可能です。

もし、収入のない専業主婦(主夫)が配偶者に知られることなくお金を借りることができるということを謳った業者があった場合、悪質な業者である可能性もありますので、しっかりと調べた上で利用しなければいけません。

編集部まとめ

今回は、「家族にバレずにお金を借りることができるかできないか?」について解説しました。

(1)WEB申込
(2)契約手続き・カード受け取りは自動契約機を利用
(3)明細はネットで確認
といったポイントをおさえれば、バレずに借りることができますね!

そして、遅延することなく期日までにきちんと返済すれば、よほどのことがない限り家族に知られることはないですよ!