1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 基礎知識
  4. ≫借入れ方法の種類

借入れ方法の種類

銀行カードローンに申し込みしたときに、お金を手にする方法にはいくつかのパターンがあります。借入れ方法は選ぶことができますから、自分の都合に合わせた形でお金を手にすることができます。

ラッキーくん

カードローンの借入方法の種類は主に次の3つです。
(1)ATMやCDを使ってキャッシング
(2)振込融資(ネットキャッシング)
(3)自動融資
どれを選ぶかはお申し込み時に指定できます。

どの会社もだいたい同じですが、微妙に異なる点もあるので、カードローンを利用したいと思ったときには、申し込みする前に各社のホームページでどんな借入方法があるかを確認しておきましょう。

では、それぞれの詳しい内容について、以下に解説していきます。

借入れ方法の種類

(1) ATMやを使ってCDを使ってキャッシング

まずカードの発行を受けた後、そのカードを使って

  • 各銀行のATM(現金自動預払機)
  • 提携金融機関やコンビニなどのATMやCD(キャッシュディスペンサー)

から出金する方法です。

カードで引き出すだけなので簡単!

カードを受け取ってお金を引き出すだけなので、とても簡単です。
初回だけでなく、その後も利用限度額の範囲内であれば、カードを使って何度でも借入できます。

お金が必要になったときにその都度融資を申し込む必要がなく、自分の都合の良いタイミングで手軽にお金を借りることができます。

返済も同様にATMからカードを使ってできるので、大変利便性が高くなっています。

ATMでは利用明細が発行される

ATMを利用して借入した場合には、その場で利用明細が発行されますから、自宅に明細が送られてくるようなことがありません

カードローンでは、借入や返済を行うたびに借入残高が変わりますが、利用明細を見れば現在の借入残高が確認できるようになっています。

利用明細には、このほかに、

  • 次回返済期日
  • 次回返済額
  • 現在の利用可能額

なども記載されています。

提携ATMの利用が可能

銀行カードローンで借入する場合、その銀行のATM以外に、

  • 提携金融機関のATM
  • ゆうちょ銀行のATM
  • コンビニ設置のE-netATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM

などを利用することができます。

カードの種類によって利用できるATMが異なる場合も

銀行カードローンには、次の2種類があります。

  • 新たにローン専用カードを作る形(カードローン専用型
  • 普通預金キャッシュカードにカードローン機能を付加する形(キャッシュカード兼用型

キャッシュカード兼用型なら、申し込みするだけで手持ちのキャッシュカードを使って借入ができるようになりますから、大変手軽です。

しかし、キャッシュカード兼用型の場合には、コンビニなどの提携ATMが利用できないことが多くなっています。

カードローン専用型の方がコンビニなどの提携ATMも利用できる分、使い勝手が良いと言えるでしょう。

(2) 振込融資(ネットキャッシング)

借入先の銀行から自分名義の銀行口座に直接融資金を振込してもらう方法です。
その銀行の普通預金口座が必要になりますので、持っていない場合は開設しなければなりません。

なお、オリックス銀行のように普通預金口座がない場合は、「登録口座」を開設することになります。

振込融資の場合、ATMのところまでお金を引き出しに行く必要がありません。
振込融資を申し込んだ後は、待っているだけですから、家から一歩も出ることなく借入をすることもできます。

ネットバンキングを利用して簡単に借入できる

銀行に口座を開設すると、ネットバンキング(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)の契約ができるようになっています。

ネットバンキングを利用すれば、インターネットを利用していつでもどこでも残高確認や振込などができるため、大変便利になっています。

銀行の中には、このネットバンキングを利用して、カードローンの借入申し込みができるところもあります。

たとえば、三井住友銀行では、インターネットバンキング等で「振込・振替」時の出金口座としてカードローンを選ぶことにより、簡単に借入ができます。この場合、カードローンで借入するお金は、自分の口座に振込入金されることになります。

ネットバンキングの契約がないと振込融資を受けられない銀行もあります(三井住友、みずほ)。

振込融資の申し込み方法

カードローンの契約時に振込融資してもらいたい場合には、申し込みの際に振込を希望する旨申告すればOKです。

契約後でも、インターネットの会員マイページや電話(カードローン専用のフリーダイヤル)で振込融資の申し込みができます。

振込融資は時間に気をつけて

振込により即日融資を受けたい場合には、時間に気を付けましょう。

振込融資の場合、申し込んだその日に審査が完了しても、その日のうちに融資が受けられるとは限りません。銀行の受付時間内に手続きできなければ、入金は翌営業日になってしまいます。

なお、同じ銀行の口座や系列銀行の口座への振込であれば、時間外であっても即時入金が可能になっています。

振込手数料は?

振込融資で振込手数料がかかる場合には、自分で負担しなければなりませんから注意しておきましょう。

なお、借入れする銀行と同じ銀行の口座に振込してもらうときには、手数料は発生しません。そもそも、振込融資の場合、自行口座宛の振込にしか対応していない銀行カードローンもあります。

振込専用口座を登録できる

振込融資の場合は、通常、その銀行の普通預金口座(オリックス銀行の場合は登録口座)に入金されますが、このほかに、「振込専用口座」も任意で登録できる場合があります。

振込専用口座を登録しておけば、振込融資の申し込みの都度、受取先を選んで指定することができます。

(3) 自動融資

銀行口座の残高不足により公共料金やクレジットカード代金などの引き落としできなかった場合に、不足額をバックアップする形で融資を受けるものになります。

銀行口座の残高がいつの間にか減ってしまっていて、「引き落としできませんでした」という通知を受けて、あわてて入金するのは大変ですし、クレジットカードの引き落としができなかったという事実は延滞実績として記録に残ってしまいます。

こういったことを避けるために自動融資は大変便利です。

ただし、融資ですから、当然利息が生じます。いつの間にか思いのほか多くの利息を払うことにならないよう、残高のチェックは日頃からきちんとしておきましょう。

すべての銀行カードローンについている訳ではない

多くの銀行カードローンのオプションとしてついている機能ですが、じぶん銀行のように自動融資機能付きのカードローンがない銀行もあります。

また、同じ銀行でも、自動融資機能のついているカードローンとついていないカードローンがある場合もありますので、よく確認しましょう。

自動融資には対象外のものもある

自動融資は、口座から引き落としされるものすべてに適用されるわけではありません。
自動融資の対象となるもの、ならないものはそれぞれの銀行で微妙に違っていますが、

  • 自分の口座から残高を超えてお金を引き出そうとする場合
  • カードローンの返済金の引き落とし

の2つが自動融資の対象にならない点はほぼ共通しています。

なお、みずほ銀行では、「自動貸越機能」を付けることにより、普通預金を引き出す際に残高不足になる場合に、自動的にカードローン口座から借入ができます。

自動振替サービスとの違い

みずほ銀行の「スイングサービス」には、自動融資サービスのほか、自動振替サービスがあります。

自動振替サービスとは、カードを使ってカードローン口座に入金をし残高がプラスになった場合、プラスになった分を自動的に返済用の普通預金口座に入金するというものです。

編集部まとめ

以上みてきたように、借入方法には
・ATMやCDを使ってキャッシング
・振込融資(ネットキャッシング)
・自動融資
があります。

ATMやCDを使ってのキャッシングは何といっても簡単!
振込融資はネットや電話だけで手続きできて便利!
自動融資は、銀行口座の残高不足で引き落としができない事態を避けるために有効です。

それぞれのカードで機能が異なるので、よく確認して上手に利用できるといいですね。