1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 審査まとめ
  4. ≫「保証会社」って何?銀行カードローンの保証会社について

「保証会社」って何?銀行カードローンの保証会社について

銀行系カードローンの申込みをしようとした時に、「保証会社」という言葉を目にしたり耳にしたりしたことがあるかと思います。

お金を借りる際に必要になる「保証人」なら分かりやすいですが、「保証会社」となるとよく分からないですよね。

それに「銀行」と「保証会社」はどのような関係性なのでしょう?

銀行と保証会社はどういう関係?

保証会社について理解していなくても、カードローンを利用する上で特に不都合はないのですが、知っておくと役に立つこともあります!

ラッキーくん

このページでは、

  • 保証会社の役割
  • 保証会社が生まれた背景

を説明し、最後に、よくある疑問についてお答えします!

保証会社の役割

カードローンに関わる保証会社は、主に

  1. 銀行の代わりに審査をする
  2. 利用者が返済できなかった時の債権の保全

という2つの役割を持ちます。

1社だけから借り入れるのであれば特にこれらの役割について知っておく必要もないのですが、複数のカードローンを申込むにあたっては、特に「審査」について知っておいたほうがよいでしょう。

(1)  銀行の代わりに審査をする

まず、保証会社はカードローン申込みの際の審査を行います。

えっ銀行が審査するのではないの?
と驚かれる方もいると思いますが、そのことはカードローンの申込みのページの注意書きに書かれているのです。

<三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の場合>

保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さまがお申し込みいただけます。

お申し込みに際して当行および保証会社(アコム(株))の所定の審査をいたします。

<三井住友銀行の場合>

保証会社/SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(保証料不要)

お申込に際しては当行および当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の審査があります。

<みずほ銀行の場合>

カードローンのお申し込みに際してはみずほ銀行およびみずほ銀行指定の保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(以下オリコ)の審査があります。

カードローンの審査においては、カードローン会社の審査だけだと思っている人が多いのですが、実際には保証会社の審査に通った人でないとカードローンの審査を受けることはできないのです。

つまり、保証会社の審査はカードローンの審査を受けるための第一関門であり、大前提でもあるのです。

▶同じ保証会社が保証しているカードローンに注意!

主な銀行カードローンの保証会社を表にまとめると、以下のようになります。

 銀行名 保証会社
三菱東京UFJ銀行 アコム株式会社
ソニー銀行 アコム株式会社
じぶん銀行 アコム株式会社
セブン銀行 アコム株式会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス株式会社)
住信SBIネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス株式会社)
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス株式会社)
みずほ銀行 株式会社オリエントコーポレーション
 新生銀行(レイク) 新生フィナンシャル株式会社
スルガ銀行 スルガ・キャピタル株式会社
株式会社オリエントコーポレーション
 オリックス銀行 オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
楽天銀行 楽天カード株式会社
イオン銀行 イオンクレジットサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社

これを見ると、一つの保証会社が複数のカードローン会社の保証会社となっていることが分かりますね。

例えば、前述のようにアコムは三菱東京UFJのカードローン「バンクイック」の保証会社ですが、他にもソニー銀行、セブン銀行、じぶん銀行のカードローンの保証会社にもなっています。

ということは、カードローンの申込みに際して保証会社の審査に通らなかった時、その直後に、同じ保証会社が保証しているカードローンに申し込みをしても審査に通らない可能性が極めて高いのです。

遊園地で身長制限がある乗り物が複数あるとして、一つ目の乗り物に乗れなかった人が同じ身長制限のある二つ目の乗り物に乗れないのと同じですね。

そうなると、カードローンの審査に通らなかった場合、保証会社の審査の段階で落ちたのかどうかを知りたくなりますが、それをきいてもカードローン会社は答えてくれません。
次は違う保証会社のカードローンに申し込んだほうが無難です。

(2) 利用者が返済できなかった時の債権の保全

二つ目の役割としては、カードローンの利用者がきちんと返済できなかった場合にカードローン会社に対して債権の保全を行う役割です。

バンクイックの場合は

ご返済いただけない状況が続く等により、保証会社のアコム(株)がお客さまに代わって当行に債務を弁済した場合、以降のお取引はアコム(株)がお客さまの窓口となります。

という記述があります。

カードローンの利用者が何らかの理由で返済を滞らせてしまった場合、保証会社がカードローン会社に対して残りの債務を支払い、債権を引き受けるのです。

つまり、保証会社が立て替え払いをするので、カードローン利用者はそれ以降、カードローン会社ではなく保証会社に対して返済を続けていくことになります。

カードローンのほとんどが「無担保」「無保証」を掲げることができるのは、保証会社が保証人の役割を果たすからです。

保証会社が生まれた背景

銀行カードローンの保証会社の多くは消費者金融ですが、昔から銀行カードローンの保証の役割を消費者金融が担っていたわけではありません。

きっかけは、「過払い金請求」が消費者金融各社に殺到し、消費者金融の経営がきわめて苦しくなったことです。

今でも、電車内の広告で「過払い金請求」とか「お金が返ってくる」といった文言を見かけることがあるのではないでしょうか。

簡単に説明すると、2006年に貸金業法の改正が国会で成立し、最高裁でグレーゾーン金利の違法性が認められたことにより、今までの高い金利が「違法」とされ、既にその金利で支払わされていた「過払い金」を、消費者金融に対して請求できるというものです。

まだ元金の残っている人は過払い金から充当して返済を終えたり、大幅に負担を減らしたり、既に返済を終えている場合にはそれなりの金額を受け取ることができるというわけです。

当然、請求される側の消費者金融は打撃を受けました。
業界トップだった「武富士」が事実上倒産したのも、これが原因です。

そこに手を差し伸べたのが大手の銀行です。
銀行側としても、個人向け融資に力を入れる上で、消費者金融が持つノウハウを活かしたいという思惑があったのです。

このようにして、生き残った消費者金融は次々に大手銀行の傘下に入り、銀行の保証会社としても機能するようになったのです。

よくある疑問・質問

ここからは、カードローンの保証会社についてよくある疑問・質問について解説していきます。

保証料は有料?

カードローン会社の保証会社に対して保証料は必要なのでしょうか?

一般的に保証サービスには保証料が必要ですが、カードローンの保証料に関しては、カードローン利用者が保証会社に対して直接的に保証料を支払うことはありません

保証料そのものが発生していないのではなく、利用者がカードローン会社に対して支払っている利息の中に保証料が含まれ、カードローン会社が保証会社に対して保証料を支払っているのです。

銀行カードローンとその保証会社である消費者金融の審査基準・難易度は同じ?

前述のように銀行カードローン「バンクイック」の保証会社はアコムですが、アコム自身も消費者金融としてキャッシングを行っています。

つまり、バンクイックの審査もアコムの審査も同じアコムが審査するわけですが、審査基準や難易度は全く同じなのでしょうか?

答えは、NOです。銀行と消費者金融では審査の難易度が異なる可能性があります。
一般に銀行カードローンの方が審査基準が厳しいとされています。
銀行の方が金利が低く、限度額が大きいためです。

実際、「バンクイックの審査は落ちたけどアコムの審査には通った」と言う人も少なくありません。

保証会社が同じ複数の銀行カードローンの審査基準はどうなる?

次は、同じ保証会社を持つ複数の銀行カードローンの場合です。
例えば、「セブン銀行」と「じぶん銀行」は、どちらもアコムが保証会社となっていますが、そうなると、審査基準はどうなるのでしょうか?

この場合は、「途中までは同じ、途中から異なる」ということになります。

同じ保証会社の銀行カードローンである場合、保証会社での審査はほとんど同じ基準で行われる可能性が高いです。

しかし、同じ保証会社でもカードローンを提供する銀行は異なっています。
カードローンの審査は保証会社と銀行の二重の審査です。
銀行が異なっている以上、銀行での審査基準は当然ながら異なります。

連続して申込みをしても大丈夫?

最初に申し込んだカードローンの審査に問題なくクリアできれば良いのですが、何らかの理由で審査に通らなかった場合、他のカードローンに申込みをすることになりますね。
その際いくつかの注意点があります。

▶3ヶ月以上空けて再チャレンジ

まず、「一度カードローンの審査に落ちた場合、3ヶ月以上は間を空ける」ということです。これは、カードローンの審査に申し込みをしたことが「信用情報機関」というデータバンクに登録されるからです。

カードローンの審査に申し込んだという情報が信用情報機関に登録されると、その情報が業者間で共有されます。落ちた直後にまた申込みをすると、いかにもお金に困っているという印象を与え、審査を通過しにくくなってしまいます。

3ヶ月も待てない!という状況であれば、最初から2社同時に申込むというテクニックもあります。要するに、信用情報機関にデータが追加される前に審査を受けるということです。

かといって何社も同時に申込むといわゆる「ブラック」扱いになり、かえってリスクが大きいです。
一度に進める審査は2社までが限度と考えましょう。

▶同じ保証会社のカードローンは避ける

もう一つは「同じ保証会社のカードローンには申し込まない」ということです。
一方のカードローンが保証会社の審査の時点で落とされた場合、保証会社が同じ他のカードローンの審査をクリアするということはまずありません。

カードローンの審査に一度落ちたら、その銀行の保証会社がどこか調べ、次は、保証会社が異なるカードローンに申込みましょう。

選択肢が一気に減ってしまう可能性もありますが、審査に落ちると次はまた3か月先です。
万全の状態で臨みましょう!

編集部まとめ

今回は、銀行カードローンの保証会社が実は消費者金融で、
・審査
・利用者が返済できなかった時の債権の保全
という役割を担っていることを解説しました。

また、一つの保証会社が複数のカードローンの保証会社になっていることに要注意!

同じ保証会社ならほぼ同じ審査が行われるので、もしも審査を通らなかった時は別の保証会社のカードローンを探すなどの工夫も必要ですね!