1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 審査まとめ
  4. ≫お申込時に必要な本人確認書類まとめ

お申込時に必要な本人確認書類まとめ

カードローンを無事に借りる為に大切なことはお申し込み前の事前準備です。

事前準備さえ、きちんとできていれば即日借入可能なカードローンであってもすぐに利用できます。

今回は、お金を借りる際に必要になってくる本人確認書類には何を用意しておけば良いのか?について、編集部が徹底的にまとめました!

カードローンの申込みに必要なのは2種類の書類

お申込みの際に必要となる書類は、申込書以外には以下の2種類です。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

必ず契約者本人のものでなければなりません。

本人確認書類はどのカードローンを申し込む場合も必要となりますが、収入証明書は必要な場合と不必要な場合があります。
以下で詳しく見て行きましょう。

(1)本人確認書類

本人確認書類は様々な種類が認められていますが、最近では契約者の顔写真付きの身分証明書を求められる場合も多く運転免許証が最も好ましいと言われています。

また運転免許証は常に住所を最新にしている人が多いというのも、よく使用される理由の一つです。

運転免許証

運転免許証がない場合は他のものを提出する形になりますが、その場合は「氏名」「生年月日」「現住所」が確認できる以下のようなものを提出しましょう。

  • パスポート
  • 各種健康保険証(国民健康保険含む)
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票
  • 運転経歴証明書
  • 印鑑証明書
  • 個人番号カード

基本的には上記の本人確認書類で大丈夫ですが、特殊なケースの場合その他の書類が必要となります。

本人確認書類に書かれている住所が異なる場合は?

単身赴任の場合など、現住所と住民票の住所が異なる場合があります。

その場合、公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK受信料等)など、現住所が確認できるものを用意し、本人確認書類と共に提出しましょう。

また、免許証の住所を変更しておらず情報が古くなっている方は、以下の書類を本人確認書類と一緒に提出して下さい。

  • 3ヶ月から6か月以内に発行した住民票の写し
  • 3ヶ月から6か月以内に発行した印鑑証明

ポイントは現住所がわかる公的証明書を一緒に提出することです。

外国人の場合に必要な書類は?

外国人の場合、基本的には永住許可を受けている方しか借入を行えません。
必要な書類は以下の書類となります。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

未成年の学生に必要になる書類は?

残念ながら、基本的に未成年者は借入をすることは出来ません。
親の同意書があっても、親権者を保証人にしても不可能です。

多くのカードローン会社が借入を行うために、

  • 安定した収入があること
  • 年齢制限(20歳以上から60代)

という契約条件を設けているところがほとんどです。
それは、カードローン会社は返済してくれるだろうという信用で融資を行っているからです。

20歳未満は責任能力も乏しく、まして働いていない学生ならば、なおさら信用力が低いと言えます。
20歳未満の学生の場合は、別の方法でお金の問題を解決することを考えてみて下さい。

アプリやメールで提出できることもあります!

最近ではカードローン会社が専用のアプリを用意していることもあり、アプリ上、またはメールで本人確認書類を提出することも可能です。

消費者金融のレイクを例にアプリで送信する方法をみていきましょう。

  1. 本人確認書類を用意します
  2. スマートフォンまたは携帯のカメラを横向きにし、フレームいっぱいに撮影します
  3. アプリをダウンロード、起動し、画像を所定の場所にアップロードすれば完了です

メールの場合、ホームページよりメールに提出をクリックするとメールアドレス等が出るので、指示にしたがって写真の画像を添付すれば終了です。

借入の申込みで一番時間がかかるのが書類の郵送です。
本人確認書類をアプリまたはメールで行えるのは、時間短縮に繋がります。

ただし、写真がブレていたり、反射して見えづらくなっていた場合は再度提出となりますので、送信前にきちんと確認を行いましょう!

(2)収入証明書

次に収入証明書です。
収入証明書は必要に応じて用意する形となりますが、いつ提出を求められても良いようにあらかじめ用意しておきましょう。

種類

収入証明書は会社勤めをされている給与所得者と、自営業などご自身で仕事している方では種類が異なります

▶給与所得者(サラリーマン、公務員)の場合

以下の3種類となります。

  1. 給与明細書
  2. 源泉徴収票
  3. 所得証明書

毎年6月頃に前年度の所得証明書が市区町村から発行されます。
その前に借入を行うのであれば、源泉徴収票を提示すれば前年度の収入が分かります。

収入証明書の提出

どちらも用意出来ない場合は、直近の給料明細を数か月分渡すこともあるようですが、源泉徴収票は無くしても会社へ言えば再発行してくれますので、年収の金額を提示できるように用意しておいた方が良いでしょう。

▶自営業・個人事業主の場合

以下の3つの書類、

  1. 住民税決定通知書・課税証明書
  2. 納税証明書
  3. 確定申告書類の写し

が必要になる場合があります。

必須なの?

収入証明書は必ずしも必要ではありません。
しかし、以下のような場合必ず必要となります。

▶消費者金融・キャッシング

総量規制の関係で50万円以上の借入、または他社との合計が100万円以上となる場合必要となります。

▶銀行カードローン

基本的には必要ありませんが、借入金の額が大きくなると提出を求められます。

その基準は会社によって異なります。
(例)楽天スーパーローン:300万円以上の借入で必要

50万円以下の借入であっても、収入証明書があるかないかで利用限度額が変わったという話もあるので、やはりいつ提出を求められてもいいように初めに用意しておくのが安心です!

主婦、主夫の場合はの収入証明はどうするの?

本人に収入がない専業主婦(主夫)でも利用できるカードローン会社もあります。
その場合、

  • 配偶者の収入が証明できる書類
  • 配偶者の同意書

の2点が必要となります。

また、年収が少ないパートやアルバイトをしている方は、配偶者と年収を合算して借入を申し込むこともできます。

場合によっては、婚姻関係を証明する住民票などの書類が必要となることがあります。

よくある質問

最後に「その他よくある質問」をチェックしておくと抜け漏れがなくなります!

原本でなくてはダメなの?コピーでOK?

原則コピーで大丈夫です。
原本は手元に置いておきましょう。注意点としては、引越しをした後に運転免許証の住所変更を行った場合は、裏面に新住所が記載されているはずですので、両面ともコピーすることを忘れないでください。

有効期限が切れていても大丈夫?

住民票などは「取得後半年以内のものに限る」など有効期限が設定されている場合があります。
その期限を過ぎてしまうと、審査には落とされてしまう可能性が高いので、こちらも注意事項として覚えておきましょう!

その他用意しておけば良いものは?

用意しておくべき書類は本人確認書類と所得証明書だけですが、お申込時に勤務先の連絡先(電話番号・住所・社員数)を記入する必要があるので、名刺や自社の公式ホームページ、チラシなどで確認しておいた方が良いでしょう。

本店とは別の場所で勤務をしている場合、その電話番号も必要となります。
勤務先は重要な情報となるので、初めにきちんと調べておきましょう。

編集部まとめ

以上のように、カードローンやキャッシングでお金を借りる時に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書の2種類になります。

状況に応じて多少書類は異なりますが、この2種類をあらかじめ用意しておけば借入手続きをスムーズににおこなえます!