1. ホーム
  2. 資産運用(お金の貯め方・増やし方)
  3. 仮想通貨(暗号通貨)
  4. ≫仮想通貨の初心者が口座開設してイーサリアムとリップルを買ってみた

仮想通貨の初心者が口座開設してイーサリアムとリップルを買ってみた

駆け出し投資家ラッシュ

ついにボクも仮想通貨を買ってみることにしたよ!

まだ口座も開設してないので、ビットくん教えて~

暗号通貨の先生ビットくん

仮想通貨(暗号通貨)を買うのは簡単だよ。
種類が少ないから株や投資信託よりも簡単かも。

どこで口座開設するかが決まれば、あとは一気に進んでいくよ!

2017年に入って一気にビットコインや一部のアルトコインが値上がりして、仮想通貨(暗号通貨)に興味を持ち始めた方も多いと思います。

このページでは、初心者の方でもわかりやすいように

  1. 買いたいコインを決める
  2. 口座開設をどこで行うかを決める
  3. 実際に購入する

という流れで解説していきます!

初心者の為の仮想通貨

実際に今回はラッシュが、

  • イーサリアム
  • リップル(XRP)

を購入していますので、これから仮想通貨を買いたい方は、ラッシュと一緒に口座開設からコインを購入するところまで理解を深めていきましょう!

駆け出し投資家ラッシュ

よろしくね!

また、このページの基本的なスタンスは仮想通貨の長期投資です。
短期売買の場合は、また考え方も変わってくると思いますので、参考程度にお願いします。

買いたいコインを決める

仮想通貨の取引所で口座開設する前に、購入したいコインをある程度絞り込みしておきましょう!

なぜなら、取引所によって取り扱っているコインが異なるからですね。

順番的には、

  1. 買うコインを決める
  2. そのコインを取り扱っている取引所で口座開設する

という流れになります。

ここではお勧めのコインという形では紹介できませんが、代表的な取引所である

で購入することができるコインの種類と特徴を紹介していきます!

駆け出し投資家ラッシュ

ぼくの場合は、知人からの話を聞いて、
・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
あたりに目を付けてたよ!

仮想通貨のコインの種類

取引所 説明
ビットコイン bitFlyer
Coincheck
ブロックチェーン技術が使われている仮想通貨を代表するコインで、知名度も高く最も取り引きしている人が多い
イーサリアム bitFlyer
Coincheck
ビットコインの次に注目を集めている。ビットコインとの技術的な違いはスマートコントラクトにある。ファウンダーは将来はVISAの規模になると発言している
イーサリアムクラシック Coincheck イーサリアムと間違えやすいです。イーサの技術者が分裂して、より安全性を重視したクラシックが作られました
リスク Coincheck サイドチェーンという技術た注目されている仮想通貨。
ファクトム Coincheck ブロックチェーン上に改鼠不可能な記録を残しておける仕組みです。正式な仮想通貨名はFactoidと言います
モネロ Coincheck リング署名という技術を使っており、匿名性安全性の高い取引きできるのが特徴
オーガー Coincheck 未来予測市場という、胴元のいない新しい形でのギャンブルができることを期待されています
リップル(XRP) Coincheck 分散型台帳技術を利用した即時決済システムとして注目を浴びています
ジーキャッシュ Coincheck ゼロ知識証明という技術により、各種取引きに高い匿名性が実現されることに期待されています
ライトコイン bitFlyer
Coincheck
取引き時間が長いと言われているビットコインですが、その時間を約4分の1に短縮させられるのがライトコインの最大の特徴です
ネム(NEM/XEM) Coincheck PoIという仕組みを使い、電力の消費量を抑えセキュリティ的にも安全性を高められた通貨
ダッシュ Coincheck ダークセンドを用いた匿名性の高い送金機能、その名の通りの送金の高速性が特徴
ビットコインキャッシュ Coincheck ビットコインから分裂してできた通貨で、名前は似ていてもまったく別物としての認識が必要
暗号通貨の先生ビットくん

買いたいコインが決まったら、そのコインを取り扱っている取引所で口座開設してみよう!

どこで口座開設するかを決めよう!

ネットや書籍、知人からの評判を元に、買いたいコインが決まったとします。

例えば、

  • ビットコイン
  • イーサリアム

を買いたい場合は、上記の表を見るとわかるように、

の両方で購入可能な為、どちらで口座開設しても大丈夫ということになります。

ですが、リップルを購入したい場合は、ビットフライヤーでは購入できずコインチェックの方しか取扱いがありません。

なので必然的にコインチェックでの口座開設が必要と決まります。

これが仮想通貨の長期投資、つまり購入してから主に長期間寝かしたい(ホールドしたい)方向けの取引所の決め方となります。

ラッシュが口座開設した取引所は?

ラッシュは結局、

  • イーサリアム
  • リップル

を購入することにしました。

イーサリアムはビットフライヤーとコインチェックの両方で購入可能ですが、リップルはコインチェックだけの取扱いとなります。

なので、両方に対応しているコインチェックで口座開設することにしました!

駆け出し投資家ラッシュ

今回ぼくが口座開設したのは「Coincheck(コインチェック)」だよ。

ここからは口座開設して、実際に購入するまでの流れを書いていきます!

Coincheckなら即日で口座開設して取引き可能です!

今回は、イーサリアムとリップルを購入する為にコインチェックで口座開設していきます!

時間さえ間違えなければ、即日で

  • 口座開設
  • 入金
  • コインの売買

まで行えます!

即日で取引きまで可能

上記の画像で言うと、「真ん中の部分」が該当します。

つまり、オンラインで本人確認書類を提出し終えれば、「入金、売買まで利用可能」ということです!

郵便というのは後述しますが、申請した住所に後から届くハガキのことです。

ハガキを受け取る前から、入金と売買は可能ですのでご安心ください!

(1)まずはユーザー登録

まずは「Coincheck(コインチェック)」でユーザー登録(アカウント作成)しましょう!

  • フェイスブックアカウント
  • メールアドレス、パスワード

のどちらかでアカウントを作成することができます。

(2)本人確認書類をオンラインで提出

最近は本人確認書類の提出をオンラインでできるところが増えましたよね。
コインチェックもそれが可能です。

また、パソコンからでもスマホでもどちらでも対応可能です。

提出可能な本人確認書類は、

  • 運転免許証(表面・裏面)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

です。

これらをスマホのカメラなどで、アップで写真を撮って、そのままアップロードすればOKです。

▶IDセルフィーも合わせて

それだけですと不正が起こる可能性があるので、上記で提出した本人確認書類を持った自分のセルフィ(自撮り写真)も合わせて必要になります。

IDセルフィ
(コインチェックのHPより)

例えば、運転免許証でしたら、それを手に持って顔を隠さないように、顔の横あたりに持っていきます。

その状態で、自撮りしましょう!

そうすれば、本人確認書類に写っている写真と、それを持っている人物が一緒かどうかオンラインでも確認可能ですよね。

▶早ければ数時間で本人確認が完了!

本人確認書類を提出した時間にもよりますが、午前中や午後の早い時間でしたら数時間で本人確認が完了します。

完了すると登録したメールアドレスに下記のような内容のメールが届きます。

本人確認完了

これが届くと、次はコインチェックに入金が可能になりますので、自分の銀行口座からお金を送金できるようになります。

(3)コインチェックに入金しよう!(注意点あり)

仮想通貨を購入する為には、コインチェックの自分の口座にお金を送る必要があります。

この操作は通常の銀行振込と同じですので、特に問題ないと思います。

管理画面にログインして、
ウォレット>日本円/USドルを入金する
というメニューから始めましょう。

ここで一点だけ注意点があります。

現時点ではコインチェック側の振込先口座は、

  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行

の2つの口座が用意されています。

ネットバンクを利用されている方も多いでしょうから、住信SBIネット銀行宛に振込みする方も多いと思います。

コインチェックの入金ページにきちんと案内も出ていますが、住信SBIネット銀行宛に振り込む場合は、振込人名義を
ユーザーID振込人名義
とする必要があります。

振込時の注意点

例えば、

  • ユーザーID:123456
  • 振込人名義:タナカタロウ

だとすると、
オンラインバンクの画面上で、振込人名義を
123456タナカタロウ
と変更する必要があります。
※変更自体はオンライン振込み時に、1回だけの変更として簡単に行うことができます

この変更を忘れると、コインチェック側での入金確認が遅れるので、せっかく振込みしても「なかなか管理画面に金額が反映されない」という自体になります。

もちろん後でコインチェックにきちんと説明すれば反映されるのですが、1分でも早くコインを購入したい方にとっては大きなタイムロスになってしまいます。

お気をつけください!

ここまで完了したら、コインを購入する準備ができたということになります。

イーサリアムとリップルを購入

自分のアカウントへの入金が完了したら、管理画面の、
ウォレット>コインを買う
というメニューから、各種のコインを購入することができるようになっています!

購入方法はとても簡単で、

  • コインを選ぶ
  • 数量を入力する
  • 交換する通貨を選ぶ(最初はJPY)
  • 内容を確認して「購入する」ボタンを押す

本当にあっという間に購入できてしまいます。

管理画面の操作性も下記のようにわかりやすいです。

コインの買い方

ラッシュはこの調子で、

  • イーサリアム
  • リップル

を購入しました!

後日送られてくるハガキについて

後日、登録した住所宛に、コインチェックからハガキが届きます。

コインチェックからのハガキ

このハガキが届く前から入金やコインの購入ができるのですが、もし一定の日数を経過してもハガキを受け取れないと、入金・売買ができない状態に戻されてしまいます。

住所の登録に不備がないように気をつけましょう!

購入後の心構え(長期投資編)

駆け出し投資家ラッシュ

購入後1週間で大暴落が起こって、4割も値下がりしてしましまいました。

今回、いきなりそのような厳しい体験をしてしまいましたが、初心者投資家としての心構えも学べたと思いますので、まとめたいと思います。

値動きに一喜一憂しない

仮想通貨は短期的に大きく値動きするのが特徴です。

例えばビットコインでしたら、「50万円が30万円まで急落して、またジワジワ50万円まで戻す」というようなことが1ヶ月間くらいの期間で起こり、それが何度も繰り返されてきています。

なので、多少の値動きに一喜一憂しても仕方がありません。

「数年後に大きく値段が上がっていれば良い」という気持ちを持って、とにかく焦って投げ売りなどしてしまわないことが大切だと思います。

ただし、この場合で一番怖いのが「バブル崩壊や仮想通貨全体がダメになること」です。

そうなった場合、その瞬間には短期的な下げなのか、もうダメになるのか判断がつかないと思います。

ブロックチェーン技術自体がダメになることはないと思うので、このケースはかなりのワーストケースだとは思いますが、そうなった場合は判断できるのは自分だけですので、日頃から情報収集は欠かさずに行っておきましょう!

情報収集はするけど投資判断にしすぎない

仮想通貨だけでなく投資をする上では情報収集は欠かせません

ただ、長期投資をする上では、細かな不安要素一つで売買を行う為の投資判断にしてはいけないと思います。

あくまで「今、何が起こっているのかを常に理解しておく為の情報収集」です。

長期投資だからと言って、ハンドルを手放すのは良くないと思います。

▶情報収集の仕方

(1)ツイッター
基本はツイッターになります。

ツイッターで仮想通貨と検索して、

  • フォロー数100~300くらい
  • フォロワー数1000以上

というような方は、コンスタントに有益なことをつぶやいている人の可能性が高いので、100人くらいをめどにどんどんお試しでフォローしていきましょう!

(2)チャート
チャートについては、通貨ごとのチャートはGoogleで検索するとたくさん出てきますが、
CCDeck
は、Coincheckで扱われているコインのチャートを、一つの画面で見れるので大変に便利です!

(3)詳しい人に教えてもらう、仲間を作る
仮想通貨に詳しい人がいたら、一度くらいは教えてもらうことができるかもしれません。

ですが、そう何度も教えてくれる人は少ないと思います。

なので、同じタイミングで仮想通貨を始めたような投資仲間がいると便利です。

そのような仲間とチャットワークやLINEで情報共有していると、一人で学習するよりも数倍の速さで理解度を増していけると思います!

編集部まとめ

今回はこれから仮想通貨を始める方の為に、
・コインの選び方
・口座開設をする取引所の選び方
をまとめました!

これからもビットくんとラッシュで仮想通貨についての記事を更新していきますので、よろしくお願いします!