1. ホーム
  2. カードローン・キャッシング
  3. 法律
  4. ≫2015年11月15日貸金業務取扱主任者の試験当日レポート(3)

2015年11月15日貸金業務取扱主任者の試験当日レポート(3)

【今回は1記事丸ごと、デスクの生レポートです】

2015年(平成27年度)、第10回 貸金業務取扱主任者試験日の前日の夜のことです。
持ち物の確認を最終確認したところと、受験票に証明写真を貼るのを忘れていました

証明写真を用意し忘れたデスク

これを忘れると試験会場から追い出されてしまうので、必ずやらなければなりません。

ですが「まぁ明日の朝に駅前の証明写真機で撮ればいいや!」と、ネットで写真機の場所を確認しようとしたところ、便利そうなサービスを見つけてしまったのです!

いきなり当日レポートから話がそれてしまうのですが、私と同じく急ぎで証明写真が必要な方は参考にしてみてください!

コンビニ証明写真

それが「コンビニ証明写真」です。
スマートフォンで自撮りした写真をアップロードすると、コンビニに置いてあるプリンターで証明写真が印刷できてしまうサービスなのです。

コンビニ証明写真

このサービスの何が良いのか?
というと料金です。何と200円です!

証明写真機だと500円以上しますよね。なので、

  • 初めてのサービスなので使ってみたいという気持ち
  • 値段的な安さ

という2つの目的でこのサービスを利用してみることにしました!

利用方法の流れ

(1)まずはスマートフォン(androidとiPhoneの両方に対応)のカメラ機能を使って、自撮りします。
できれば自撮りではなくて、誰かに撮影してもらった方が正面から綺麗に撮影できますよ。

(2)コンビニ証明写真のサイトからアップロード!
証明写真の種類によって写真のサイズが異なりますが、貸金業務取扱主任者が指定するサイズにも対応していました!

さらにアップロードした写真の位置を調整するのも簡単で、本当によくできているサービスだと思いましたね。

あと会員登録なども必要ないのが良かったです。
ただメールアドレスだけは必要になります。

(3)プリント予約番号
スマホの画面に番号が表示されるので、それを控えるか画面メモなどしておきましょう。
上記のメールアドレスにも番号が送られてくるので、そちらを見てももちろんOKです!

(4)コンビニに行く
コンビニのプリンターに行って、液晶画面から「ネットプリント」のような項目を選びます。
すると、先ほどの番号を入力する画面になりますので、打ち込めば2~3分で出来上がり!

【どのコンビニで使えるの?】

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス

(5)200円支払う!
支払いはコンビニのプリンターに入れる仕組みになっています。
ネット上の決済は使わないので、その点も安心ですね。

できあがった証明写真がコチラ!

証明写真

紙で隠しちゃっていますが、3枚分あります。
画質なども文句なしで証明写真として使えますよ!

試験日当日の朝。
これでようやくと貸金業務取扱主任者の会場に向かう準備ができました!

持ち物

極端な話これだけなんです!

持ち物

  • 受験票1と2(2には証明写真※裏に氏名と受験番号を記入)
  • 鉛筆もしくはシャープペンシル
  • 消しゴム
  • 公的証明書(免許証などの本人確認書類のこと)

どんなに急いでいても、これだけは握りしめて会場に行ってください!

上智大学に到着!

私の試験会場は四ツ谷駅近くにある上智大学の四谷キャンパスです。
※四谷キャンパスと呼ぶ時は「ツ」が要らないのですね。不思議です。

隣が教会でそちらに向かう人と上智大学に向かう人がゴチャ混ぜになって歩いており、何人かは教会に向かってしまう方もいましたね。

教会も立派な建物なので、外見が大学のようなのです。
ですが、教会の方が「上智大学は100メートル先です~」と声を出して案内してくれたので、私は迷うことはありませんでした。

案内板

上智大学の門をくぐると、すぐに案内板が目に入ってきて安心しました。

案内板

曲がり角などの洋書には、案内板もしくは人が立っているので、基本的には迷うことないと思います!

受験番号が書かれた案内

試験会場となる大学などの建物はどこも広いので、教室の場所がわからなかったら、素直に係員の方に聞いてしまった方が早いです。

迷ったら聞く

教室に入ると・・・

結構、重苦しい雰囲気でした。
何となく学生の頃に受けた模試や大学受験を思い出してしまいました。

机の上には受験上の注意事項が置かれています。

受験上の注意事項

内容は受験票に書かれていることと、ほぼ同じですし、さらに係員の方が口頭でも説明してくれます。

詳細なタイムスケジュール

試験開始は13時からですが、入室は12時からOKです。
室内はもちろん禁煙で、正面のホワイトボードにはタイムスケジュールが書かれています。

▶12時40分

係員の方が唐突に注意事項を話し始めました。
もう少し前振りがあっても良かったかなと思います。
※係員の方は全体的に余裕のない方でした・・・

▶12時45分

回答用紙が配布されます。

▶12時50分

今度は問題用紙が配られます。
もちろん、まだ開いて見てはいけません。

ちなみに問題用紙も持ち帰れますので、各自、自己採点をすることができます。

▶13時試験開始~15時まで

途中での退出はできないので、2時間みっちりと問題を解きましょう!
問題数は50問なので、120分の時間の中では1問2分半くらいのスピードが必要になってきます。

※トイレは係員の方に言えば、行くことができます。

試験問題の内容

試験問題は例年と同じように、

  1. 法及び関係法令に関すること
  2. 貸付け及び貸付けに付随する取引に関する法令及び実務に関すること
  3. 資金需要者等の保護に関すること
  4. 財務及び会計に関すること

の4部構成(合計50問)になっていました。

特に今回だけ特別に変わったこと等はなかったように思います。

感想

これは会場によりけりだと思いますが、試験を解いている間、結構、室内の温度が上がってきてしまい、途中「暑い」と感じました。

あと、問題の傾向として「適切でないもの」を解かせる設問が多く、引っ掛け問題とも言えないのですが、その点は間違えないようにしないといけないと思います。

2時間は長丁場ですから、集中力を切らさないことが大事だと思います。
これから受験される方は、しっかりと準備をして合格を目指して頂ければと思います!

第10回の受験申込者数

日本貸金業協会の発表によると、今回の受験申込者数は「11,585人」だったそうです。
前年は「11,549人」なので、ほぼ同数なのが面白いですね。

受験日の翌日に実際の受験者数も発表されていました。
「約1万人」とのことで1500名くらいの方は欠席されたようです。

試験問題のダウンロード

問題用紙は会場から持ち帰ることができますが、試験の翌日には日本貸金業協会の公式サイトにも掲載されていました。

またPDFでダウンロードもできますので、

  • 試験会場から持ち帰った冊子
  • パソコンやスマートフォン

どの媒体でも復習することができます!

ただし解答は掲載されていません。

ようやくと試験勉強から開放

当サイトを充実させる為とは言え、仕事の合間に貸金業務取扱主任者の試験勉強をするのは大変でした。

合否は定かではありませんが、試験が終わってようやくホッと一安心と言ったところです。

解答速報を出しているサイトはネットを探せばあるとは思いますが、私は合格発表を待ちたいと思います!

編集部まとめ

デスクお疲れ様でした!
試験に不合格だった場合のことは、また後日考えましょう笑

試験問題はそのまま持ち帰りできたようですので、まずはシッカリと復習してくださいね!

また、日本貸金業協会の公式ホームページからも今回の試験問題をダウンロードすることがでできます。
非常に良心的な協会ですよね。